ケアマネの転身

  • ケアマネージャーになるには

    ケアマネージャーには誰でもすぐになれる訳ではなく、一定の勤務経験と国家資格取得が必要になります。
    ケアマネの資格を取得するための受験条件は大きく分けて以下の4つです。実務経験は一つの職場での通算ではなく 合算でも認められるので、自分の勤続年数をしっかり確認しましょう。
    特定の国家資格を取得して、従事期間が5年以上(従事日数が900日以上)の人
    該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、義肢装具士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などの資格を取得してから5年以上介護職に従事している人
    相談援助業務に従事している人で、従事期間が5年以上(従事日数が900日以上)の人
    知的障害児施設、身体障害者療護施設、養護老人ホームなどの施設や、市町村の老人福祉担当課、身体障害者福祉担当課などが該当 介護などの業務に5年以上(従事日数が900日以上)従事し、一定の要件を満たす人
    一定の要件:社会福祉主事任用資格取得者、訪問介護員養成研修2級過程修了など
    介護などの業務に10年以上(従事日数1800日以上)従事している人
    上記の例のような資格を取得していなくても、介護の実務経験10年が以上であれば、ケアマネ試験受験資格が認められます
    ケアマネージャーの肩書も知名度が年々上がってきており、異業種からの介護業界に転職するにあたって、最初からケアマネへの昇格を念頭に入れて資格取得や職場を検討する方も増えてきているようです。
    自分に合った方法でまずは受験の資格取得を目指しましょう!

    カイゴジョブ申込み

和歌山県ケアハウス ケアマネのお仕事

  • 入社時の研修制度で安心!
    和歌山県ケアハウスのケアマネージャーとは

    「ケアマネージャー」(介護支援専門員)とは、介護や支援を必要とする人が介護保険制度を利用して自立した生活を送れるようサポートする仕事です。
    ケアマネージャーの業務は広範囲にわたります。例を挙げますと…
    ●介護保険の利用者(介護や支援を受ける人)やその家族がどんなサービスが必要なのかニーズを把握し、ケアプランを作成
    ●作成されたプランに基づいて、利用者が適切なサービスを受けられるように自治体や各事業者に依頼
    ●利用者や家族の状況を見守り、必要があればプラン内容の変更・修正なども行います。
    このように、ケアマネはご利用者だけでなく様々な介護保険制度の要役、業者との橋渡し役というコミュニケーション能力が必要とされる重要な職務ですが、利用者の方一人一人と触れ合うことができる非常にやりがいのある仕事なのです。

    カイゴジョブ申込み

和歌山県 介護の取り組み

和歌山県介護の具体的な取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

福祉職場や若手職員の声を紹介するイメージアップ冊子を作成し、県外の大学・専門学校や、県内の高校に配布【基金】

⇒年間50人の参入促進

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

保護者に対する福祉の仕事の理解を促進するため、保護者向けガイドブックを作成・配布し、学生が進度選択するための後押しをする【基金】

⇒年間10人の参入促進

中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

高齢者が自信の持つ知識や経験、技能を講師(有償ボランティア)として社会に還元することをサポートするため、シニア活躍拠点を設置し、ボランティアの募集・登録やニーズとのマッチングを実施【基金】

その他の「参入促進」の取組

○就職を希望する高校生を対象に、介護職員初任者研修を取得させる。【基金】
○潜在的有資格者で、情報提供希望者に求職情報等提供。また、最新の介護技術や制度など再就職を支援する研修会を開催。【基金】
○介護分野の仕事に関心のある人に、実際に介護の職場体験の機会を提供。

⇒●年間40人の参入促進
●年間10人の参入促進
●年間10人の参入促進

高齢者が住みなれた地域で自立して暮らすことのできるまちづくり

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、介護や支援が必要になった時にも安心して生活を送ることができるよう、必要とするサービスを円滑に利用できる環境を整備していくことが必要です。

本県においては、地域包括ケアの推進を図るための拠点の一つとして、地域包括支援センターを設置しています。地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、その人らしい生活が送れるよう支援するために、介護保険、介護予防サービスをはじめ、保健・医療・福祉・権利擁護等、様々な支援を他機関と連携しながら、包括的・継続的に提供を行い、総合的なケア体制づくりを推進しています。

高齢化の進展に伴って、認知症高齢者が増加することが予測されており、認知症対策については国や県の動向を踏まえながらの事業展開が重要となります。

また、支援が必要な高齢者が安心して地域で生活を送るためには、公的なサービス提供だけではなく、より身近な地域住民の声かけや見守り等による互助が鍵となるため、隣近所の付き合いや住民同士の支え合い等のネットワーク化の促進がさらに重要となります。

高齢者の総合相談窓口としての機能を果たす地域包括支援センターをはじめとする公的サービス機関と、民生委員・児童委員、インフォーマル資源としての自治会や老人クラブ、ボランティア団体等が重層的につながることで、地域での生活に高齢者がより安心感を抱けるよう、対応を図っていくことが求められています。

介護士の求人情報はコチラで

2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

そんな日本に必要なのは、介護士です。

今回はそんな介護士求人の求人情報をお知らせします。

では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

それこそがやりがいと言う人もいます。

介護士には、お年寄りを介護する訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

多くの介護福祉施設で、介護士の求人しています。求人情報はコチラで確認してみてください。

福祉用具専門相談員の仕事内容

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。


簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

介護施設ケアマネージャー求人:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ