ケアマネの転身

  • ケアマネージャーになるには

    ケアマネージャーには誰でもすぐになれる訳ではなく、一定の勤務経験と国家資格取得が必要になります。
    ケアマネの資格を取得するための受験条件は大きく分けて以下の4つです。実務経験は一つの職場での通算ではなく 合算でも認められるので、自分の勤続年数をしっかり確認しましょう。
    特定の国家資格を取得して、従事期間が5年以上(従事日数が900日以上)の人
    該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、義肢装具士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などの資格を取得してから5年以上介護職に従事している人
    相談援助業務に従事している人で、従事期間が5年以上(従事日数が900日以上)の人
    知的障害児施設、身体障害者療護施設、養護老人ホームなどの施設や、市町村の老人福祉担当課、身体障害者福祉担当課などが該当 介護などの業務に5年以上(従事日数が900日以上)従事し、一定の要件を満たす人
    一定の要件:社会福祉主事任用資格取得者、訪問介護員養成研修2級過程修了など
    介護などの業務に10年以上(従事日数1800日以上)従事している人
    上記の例のような資格を取得していなくても、介護の実務経験10年が以上であれば、ケアマネ試験受験資格が認められます
    ケアマネージャーの肩書も知名度が年々上がってきており、異業種からの介護業界に転職するにあたって、最初からケアマネへの昇格を念頭に入れて資格取得や職場を検討する方も増えてきているようです。
    自分に合った方法でまずは受験の資格取得を目指しましょう!

    カイゴジョブ申込み

福岡県訪問入浴 ケアマネのお仕事

  • 入社時の研修制度で安心!
    福岡県訪問入浴のケアマネージャーとは

    「ケアマネージャー」(介護支援専門員)とは、介護や支援を必要とする人が介護保険制度を利用して自立した生活を送れるようサポートする仕事です。
    ケアマネージャーの業務は広範囲にわたります。例を挙げますと…
    ●介護保険の利用者(介護や支援を受ける人)やその家族がどんなサービスが必要なのかニーズを把握し、ケアプランを作成
    ●作成されたプランに基づいて、利用者が適切なサービスを受けられるように自治体や各事業者に依頼
    ●利用者や家族の状況を見守り、必要があればプラン内容の変更・修正なども行います。
    このように、ケアマネはご利用者だけでなく様々な介護保険制度の要役、業者との橋渡し役というコミュニケーション能力が必要とされる重要な職務ですが、利用者の方一人一人と触れ合うことができる非常にやりがいのある仕事なのです。

    カイゴジョブ申込み

福岡県 介護の取り組み

福岡県介護の具体的な取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○介護業務の普及・啓発に資する大会開催【基金】
○介護の仕事の魅力を紹介するパンフレット、介護福祉士をめざす学生によるフリーペーパーの作成、周知、広報【基金】
○認知症の理解に資する大会開催、街頭啓発活動【基金】
○認知症の理解・対応に係るパンフレットを、年齢層や理解度別に作成し、配布【基金】

⇒●介護体験者や学生等の多様な主体による情報発信により、介護の仕事や認知症に対する理解と認識を深め、介護の仕事への参入を促進する。

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

○高校の進路指導の教員に介護職への意識改革を促す介護講座【基金】
○中学生・高校生・大学生等を対象として、「介護の仕事」を正しく理解してもうらうための、高齢者ふれあい体験や施設見学、集合体験【基金】
○主婦層、退職者、転職希望、保護者等に対し介護職の魅力を伝える地域住民向けの介護体験講座【基金】

⇒●実際に体験してもらうことにより、介護の仕事に対する理解と認識を深め、介護の仕事への参入を促進する。
また、職業選択に影響を与える教員や親に介護職に対する正しい認識を持ってもらうことで、若者の介護職への就職を促進する。

中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

○要支援者等に対する訪問型の生活サービスを提供する担い手を育成【基金】
○生活支援コーディネーター養成研修、生活支援サービスボランティア養成研修【基金】

⇒●多様な人材として高齢者も養成対象。介護人材確保のすそ野を広げる。
訪問型の生活支援サービスを提供する担い手:100人養成
生活支援コーディネーターの養成:150人ボランティアの養成:400人

その他の「参入促進」の取組

○潜在介護福祉士に対して、介護現場から離れていたことへの不安感を払拭すること等を目的とした研修【基金】
○介護人材就労支援のための合同就職面談会、潜在的介護資格者むけ介護実技研修【基金】
○中山間地域でのモデル的取組として、地域住民への啓発・広報、介護人材の発掘・登録、登録人材への情報提供・就業支援【基金】

⇒●有資格者や介護に関心のある人材をターゲットに、掘り起しを行い、介護の仕事への参入を促進する。

高齢者を支える医療・介護サービスの確保

介護予防の拠点から特別養護老人ホーム等の入所施設まで、介護基盤の計画的な整備を進めるとともに、社会福祉法人や医療法人をはじめ、民間事業者の介護サービス事業への幅広い参入を促し、サービス供給体制の確保に努めます。
また、地域包括ケアシステムの構築に不可欠な社会基盤である介護・保健・医療・福祉サービスに従事する人材の養成と確保・定着を行うとともに、高齢者の尊厳を尊重した質の高いサービスを提供できるよう、資質の向上を図ります。
さらに、高齢化が一層進展する中で、介護保険制度を持続可能なものとしていくため、介護給付の適正化に引き続き取り組みます。

サービスの必要量と供給体制の確保

介護保険対象サービスの必要量の見込み(介護給付を行うサービス)

介護給付を行うサービスには、在宅の要介護者を対象とする居宅サービスや、介護保険施設の入所者を対象とする施設サービス、原則として当該市町村の住民のみが利用できるサービスで、利用者が可能な限り住み慣れた地域での生活を継続できるようにするための地域密着型サービスなどがあります。

介護保険対象サービスの必要量の見込み(予防給付を行うサービス)

予防給付を行うサービスには、在宅の要支援者を対象に行われる介護予防サービスや、原則として当該市町村の住民のみが利用できるサービスで、利用者が可能な限り住み慣れた地域での生活を継続できるようにするために行われる地域密着型介護予防サービスなどがあります。

介護人材の将来推計と確保・定着、資質の向上

介護人材の将来推計

福岡県の平成37年度(2025年度)における介護人材の必要量を、県内市町村のサービス必要量の見込みを基に推計すると、98,656人となり、平成24年度の約1.4倍となります。

介護人材の確保・定着、資質の向上

○ 関係団体・事業者等と連携し、県民、特に学生・生徒や保護者、教師等を対象に、介護の仕事に対する正しい理解の促進や魅力の発信に取り組みます。
○ 経営者や管理者等の意識改革や経営力・採用力の向上等の取組を支援します。
○ 女性や中・高年齢層、有資格者等の潜在的な人材層について、就労支援や介護実習の場の提供など、その就業や復職を支援します。
○ 福祉人材センターや福祉人材バンク、ハローワーク、人材養成施設、福祉系高校等と一層の連携を図り、介護人材の参入を促進します。
また、市町村が元気高齢者などを生活支援の担い手として育成できるよう支援します。
○ 関係団体や事業者等と連携して、経営者や管理者等のマネジメント能力の向上や雇用管理改善など働きやすい職場づくりを支援します。
○ 事業者による多様な人材に対応したキャリアパスの整備等を支援します。
○ 複数の小規模事業所の連携・協力による研修体制の構築や人事交流の促進など、小規模事業所の職員のキャリア向上のための環境整備を支援します。
○ 行政、介護事業者、事業者団体、職能団体、人材養成施設、職業・人材紹介機関、学校等が問題意識や取組の方向性を共有し、相互に連携・協力して、介護人材の育成、確保・定着、資質の向上を計画的・一体的に取り組むためのネットワークの構築を図ります。

介護サービス等の質の向上

○介護支援専門員の専門性や資質の向上、適切なケアマネジメントの提供を図るため、各種研修を実施します。
○地域包括ケアシステムの構築に資するよう、介護・保健・医療・福祉サービス間の連絡調整、介護支援専門員に対する助言・指導等を行う「主任介護支援専門員」の養成を行います。
○県工業技術センターにおいて、利用者の特性や使用環境を踏まえた快適に利用できる福祉用具の研究開発に努めるとともに、平成 26 年7月に設立した「ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク」のもと、医療福祉現場のニーズに基づいた新たな医療福祉機器の開発を推進します。
○利用者やその家族などからの様々な苦情に適切に対応し、サービスの適正化が図られるよう、保険者(市町村等)を支援するとともに、介護サービス事業者等に対して必要な助言・指導を行います。
○介護保険審査会を運営し、要介護認定や保険料等の徴収金に関する処分等に係る審査請求の審理、裁決を行います。
○利用者による介護サービス事業者の適切な選択に資する情報はもとより、新たに追加される従業者に関する情報やお泊りデイサービスに関する情報が円滑に公表され、有効に活用されるよう、介護サービス事業者や関係機関との連携に努めるとともに、県民への制度の周知を図ります。

介護給付の適正化

○ 保険者と連携し、高齢者の運動機能や栄養状態等の改善など介護予防の取組を推進します。
○ 保険者と連携し、高齢者が介護を「する側」としても活躍するなど、役割や生きがいを持って生活できる居場所と出番づくり、高齢者が集う「多様な通いの場」づくり、リハビリテーション専門職等を活かした自立支援の取組等を推進します。
○ 保険者と連携し、介護認定審査会委員や認定調査員、主治医に対する研修に取り組むとともに、認定審査アドバイザーの派遣や認定審査セミナーなど、介護認定審査会や保険者への助言・指導を行います。
○ 国民健康保険団体連合会の介護給付適正化システムを活用した保険者による効果的なケアプランチェックを支援します。
○ 介護支援専門員に対する指導力を強化するため、保険者や地域包括支援センターの職員を対象に、ケアプランチェック指導研修等を実施します。
○ 法令を遵守した適正なサービスの提供及び介護報酬の請求が行われるよう、介護サービス事業者に対する集団指導や実地指導を実施します。
○ 保険者の指導・監査技術の向上を図るための研修等、介護サービス事業所に対する指導力の強化に取り組みます。

40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。


40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。



ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。



1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。


おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています


介護職のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

介護施設ケアマネージャー求人:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ